三佐和ブログ


五重塔脇ブミコン舗装 2014年02月28日
今週は浅草寺様境内の五重塔脇でブミコン舗装をさせていただきました。ここでは2頭の獅子(ライオン)が番をしています。
IMG_25521.JPG
五重塔最上階に奉安されている仏舎利はスリランカ国から請来されたそうですが、スリランカの国旗にもライオンが描かれています。ライオンは仏教にご縁のある動物のようで、仏教を支持したアショカ王が建立されたといわれる柱にもライオンの像が乗っていて、インドの国章にもになっています。 スリランカの国旗 下の写真はアショカ王の王柱(Wikipedia引用)
800px-Flag_of_Sri_Lanka.svg.png
Asokanpillar2.jpg
このライオン、どこかで見たことはありませんか?そうです、シンガポールのマーライオンですね。Lion City当社のロゴもライオンです。そして知恵の神 文殊様はライオンにまたがるお姿をしています。

lion logo1.jpg
日本ではこれから東北の復興と東京オリンピック開催準備に向けて多くの国土整備の仕事が必要になります。私も文殊様の知恵にあやかり英知を結集して、これまで積み重ねてきた経験と技術を生かしながら、より多くの皆さんが国土整備の事業に参加できる透水性コンクリート、緑化コンクリートの開発・製品化を目指してゆきたいと思います。関連ブログ:人間力による雇用の創造2

IMG_25492.JPG
今回施工させていただいた場所は3月14日から始まる「浅草寺 大絵馬寺宝展と庭園拝観」東日本大震災復興支援の会場入り口になるところです。皆さんもぜひお出かけください。 2月28日撮影
2月の風のガーデン 2014年02月20日
2月14日から15日にかけて東京も大雪に見舞われました。4日が経った風のガーデンにも多少の雪が残っていましたが、芝生の上に積もった雪はコンクリートやアスファルトに積もった雪とは違い柔らかい感じがしました。その理由は溶けた雪が芝生を通して緑化ブロックに保水されるので雪の下が凍らないこと。そして芝生は生きているので体温(基礎代謝)があり表面がコンクリートやアスファルトよりも暖かいからではないでしょうか?
IMG_23741.JPG
今月、風のガーデンにやってきた植物はゴールデンクラッカー、アイビー、そしてミスカンシャスです。ゴールデンクラッカーは南アフリカ原産のキク科の植物です。
P21810161.JPG
2月も中旬を迎えましたがまだ寒い日が続いています。その中で昨年の秋に植えたクロッカスの球根の芽が出てきました。雪柳もつぼみが膨らみ風のガーデンにも早春の気配が漂ってきました。
P2181000.JPG
P2181013.JPG
P2181065.JPG
                                                              2月18日撮影
水がねばる? 2014年02月13日
大田区産業プラザPIOのテラスやマンションのベランダで緑化ブロックと自然灌水システム「お水番」を組み合わせて様々な植物を育ていていますが、冬になるといつも不思議に感じることがあります。それは灌水タンクからスリースバルブを経由して流れる水量が春夏秋と比べて少なくなる事です。スリースバルブ内の仕切弁と管との間の広さは変更していません。下記写真は止水弁が半分開いたスリースバルブです。
IMG_22818.JPG
「お水番」は仕切り弁と管との隙間を微調整して水を流します。水の流れる空間は仕切り弁と管に挟まれてとてもせまいので水は流れにく水滴状になって流れる仕組みです。そのような環境で冬になり温度が下がると水が流れにくくなるのは、温度変化に伴う水の膨張、収縮にヒントがあるのではないかと思います。
IMG_22614.JPG
PIOに設置してある60リットル容量の灌水タンクは春夏秋にかけて1週間で水がおよそ30リットル減水しますが今朝、水量を計ったところ1週間で約15リットル,つまり春夏秋の半分ぐらいしか減水していませんでした。水は4℃の時体積が最も小さくなります。言い合えると密度が最も大きくなるということですね。この水の性質が気温が下がるとスリースバルブから流れる水量に影響を与えているのかもしれません。温度が下がり水も粘るのでしょうか?
P2110832.JPG
新宿御苑の池の氷が水に浮かんでいます。水は4度以下になるとそれまで収縮してきた体積が再び増え始め氷になりますが、氷が水に浮くということは同じ体積当たり密度が水よりも軽くなるからからですね。2月12日撮影 関連サイト:マンションベランダガーデニングキット

水は素直である? 2014年02月07日
2月5日の朝、東京は寒気に覆われて朝の気温はマイナス1度でした。(渋谷区の気温 Google午前7時現在)新宿御苑の池の水も凍っているだろうと思い覗いたところ凍っていませんでした。先月、1月11日の朝の池が凍っていたのを覚えていたのでちょっと驚きました。
P20507393.JPG
                上の写真は2月5日の朝、下の写真は1月11日の朝です。
1458480_596533317083828_1799769725_n.jpg
1月11日の朝の気温もマイナス1度でしたがなぜ今回は池が凍らなかったのでしょうか?1月11日の前日まで1週間の平均気温は2.3度でした(渋谷区午前7時)。一方、2月5日前日までの1週間の平均気温は4.7℃でした(渋谷区午前7時)。この温度の差が氷結の有無につながったのでしょうね。2月5日は外気がマイナス温度を記録しても池全体の水温が高いために、池の表面が氷り始める0度まで下がらなかったのでしょうね。
chart2.jpeg
2013年の夏の北極海の氷の面積は2012年と比べて増えたようです。(上図参照)しかし1981年から2010年までの氷の平均面積と比べるとまだ少ないので地球の温暖化は進んでいるという意見が聞かれますが、海水温度の変化も考えなければいけません。これまで暖かかった海水温度がいきなり下がることはないでしょうね。それでも2013年の北極海の氷の面積が増えたということは、海水温度も下がり始めるターニングポイントを迎えたのでしょうか?私は生物が生活するには温暖な気候が好ましいと思います!  参考ブログ:最近の地球の気候

TOP